スベンソン
>>スヴェンソン利用する前に!本音の口コミや評判<<

スベンソンを利用している人が多い理由はコレです

スベンソン

スベンソンは誰にも気付かれないのが最大の特徴です。温泉でもプールでも寝ている間でも「そのままでいい」のがスベンソン。

 

そして他の増毛法と違い、スヴェンソンとの契約は1ヶ月単位に出来るので、お金の出費も調整しながら続けられるのが利用者にとって大きなメリットです。

 

僕が調べたところ、増毛を行っている会社でひどいところでは、高額な費用になるのでローンを組むように言われるところもあるようです。
一度ローンを組んでしまうと、途中で止めることもできなくなるので注意が必要です。

 

スヴェンソンの増毛のメリットは他にもあります。例えば生活面で言えばシャンプーも普通似できますし、自毛部分と合わせるカットも普通にOK。髪を乾かすときのドライヤーも普通だし、整髪料もOK!そして寝ぐせも普通の髪と同じようにつきます。

 

自毛と変わらないくらい自然なので日々の暮らしが普通に過ごせます。これなら利用している間は誰にも気づかれないですみます。

 

誰にも気づかれない=自分でも自分の髪と思ってしまうくらいです。
これなら、スベンソンを利用して何年か経ったときに自然に薄毛にしていくことも可能だなと思いました!

 

スベンソンは髪色とボリュームを調整できる

髪の量と髪色をコントロールできますので、数年後に自然に薄くなった状態にすることも可能です。
何年でも誰にも気づかれずに過ごすことが出来ます。

 

毎日毎日育毛剤でケアをする必要もないですし、生えるかどうかわからない不安に悩まされる必要もありません。

 

でも、利用している人には様々な不安があるものですね。読んでいてそう思いました。

 

利用者の不安とは?

 

男性も女性も加齢や頭皮のトラブルなどで様々な髪の症状があります。

 

薄毛による悩みで最も多いのが、ボリュームダウンです。
髪が細くなることや抜け毛などによってボリュームが減り、全体的に寂しい印象になってしまいます。

 

健康な髪の平均的なサイクルは3年から6年と言われていますね。
この間に、成長期→退行期→休止期を繰り返します。

 

健康な人は通常、毎日平均50本から100本ほどの髪の毛が抜けると言われています。
薄毛の症状が顕著になると、この数倍から数十倍の毛が抜けていきますので減るのが目に見えてわかることになります。

 

発毛剤や育毛剤では間に合わない

加齢により代謝がスムーズに行われなくなったり、食生活や生活習慣などによって頭皮のトラブルなどに見舞われると、生え換わりサイクルが乱れると、髪が成長しないまま未熟な髪は抜けてしまいます。
短くて柔らかい髪や抜ける本数が目立って多い場合には、髪のサイクルがうまく行われていないサインかもしれません。

 

そういう場合には、根本的な抜け毛治療や少なくなってしまった頭髪を増やす目的のスヴェンソン植毛や増毛という方法があります。

 

最も早く、自然な増え方が実現できる増毛法の一つが「スヴェンソン」です。

 

抜け毛治療には生活習慣の改善やストレスなどの管理、運動習慣や睡眠の質を高める事など、自身で出来る事もたくさんありますのでまずはそこから見直しましょう。
そして抜け毛が健康なサイクルで行われていない場合は、内服薬や外服薬など薬による治療や植毛や増毛などが受けられるクリニックに相談するのもおすすめです。

 

スヴェンソンに資料請求して送られてくれる冊子の中には、薄毛の改善方法についての詳しいノウハウが書かれてあります。
無料ですが、スヴェンソンからの営業電話とかもないのでとりあえず取り寄せてみることをおすすめします。

 

スヴェンソン利用者の評判を読んでいるうちに髪の毛の悩みが少しずつ晴れていく感じがします。

 

 

公式サイトで資料請求(無料)すると、みんなが抱えている髪の毛の不安や改善体験談を読むことができますよ。

 

無料の資料請求はココから出来ました

 

植毛と増毛の違いとは?

一般に増毛とは人毛または人工毛を使い、今残っている髪の毛に縛り付け見た目の本数を増やす方法です。
多くの場合、髪が伸びると再度施術が必要となる場合もあります。

 

植毛は人工植毛と自毛植毛とがあります。
人工植毛は生えてこなくなった頭皮の毛穴に人毛を植え付けて行く技術です。
個人差がありますが人によっては拒絶反応を起こし、植えた髪が抜けてしまったり、毛穴の周辺に炎症を起こしてしまったりといったトラブルも把握しておく必要があります
自毛植毛の場合は自身の毛髪を植え付けて行く技術です。
人工植毛よりトラブルのリスクは低いと言われていて、植毛後植毛した毛髪は抜けますが、その毛穴から自然発毛するとも言われています。

 

この様に植毛と増毛の違いにはそれぞれに方法やリスクなどが様々あります。
それらを理解した上で、一番自分に適した抜け毛治療を選ぶことが大切です。

スベンソンのサポート体制

スベンソンでは髪痩せや髪年齢の老化、切れ毛などの原因による抜け毛をサポートできます。「毛が痩せた」「薄くなった」など自覚症状を感じてから慌ててお手入れを始めては手遅れのケースもあります。次にお話ししておかないといけないのは、薄毛などの髪老化へと進行する「4つの危険なシグナル」についてです。

 

あなたの体質や症状に合っていない間違ったお手入れは、かえって抜け毛や細毛・溥毛を進行させてしまい逆効果。しかし、殆どの場合は必ず何らかの前兆、つまり危険信号が現れているはずだとスヴェンソンでは考えています。その危険なシグナルを見逃さずにスヴェンソンで早目に適切なケアを行う、原因に合ったお手入れをする事によって無駄な時間やお金をかけることなく、ハリとツヤのある健康な毛を育てることができるのです。

 

スヴェンソン

 

スベンソンの抜け毛サポート

まだたくさんの寿命を残していて成長期にある毛や、新生毛として新しく生えてきたばかりの毛が、何らかの異常によって抜けていることが考えられます。スヴェンソン調べでは毛が生えてから寿命が来て抜けるまでの「ヘアサイクル(発毛周期)が乱れてしまっているため、放置したまま適切なお手入れをしないとほとんどの場合、薄毛へと進行してしまいます。

 

スベンソンによるフケ・頭皮サポート

スヴェンソンでは、フケは頭皮の真皮層で生まれる新しい皮膚細胞に押し上げられた古い表皮(皮膚細胞)が角質化して剥がれ落ちたものです。通常は、この細胞が生まれてから剥がれ落ちるまでのサイクルは28日間なのですが、ホルモンの分泌異常や栄養バランスの乱れなどにより短い間隔になってしまいフケが増加します。もし大量のフケが、毛穴から分泌される皮脂などと一緒になって、毛が生えてくる出口である毛穴を塞いでしまうと、毛穴が狭くなり太い毛が育だなくなります。そして、いつの間にか1本1本の毛が痩せ衰え、細く軟らかく(リのない猫毛やうぶ毛のように細く短い毛になってしまうのです。

 

頭皮がべ夕つくようになってきたのは、皮脂腺から分泌されている過剰な皮脂が要因です。ただし、いくら洗浄力の強いシャンプー剤をタップリ使って洗っても落とし切れず、べ夕つきが悪化してしまいますから、皮脂分を浮かせるスヴェンソン専用のケアが必要と言えます。 過剰に分泌された皮脂をそのまま放置していると毛根にまで作用して、成長期にある毛髪を本来の時期より早く休止期にしてしまい、本来の寿命より早く抜け落ちてしまいます。

 

スベンソンの育毛サポート

キューティクルのダメージと切れ毛の関係でもお話ししましたが、油脂分か大量に含まれている整髪料類を長期間にわたって使用し続けると、内部のタンパク質を覆った油脂分や老廃物が紫外線酸化で侵され、弾力や毛髪の引き締め力(自然治癒力)が失われて、次第に痩せ細ったうねりやすい髪質へと変わってしまいます。また、男性3年〜5年・女性4年〜6年という髪としての本来の寿命を迎える事なく早く抜けていってしまうため、毛髪の製造工場(毛母細胞)での製造が追いつかずに猫毛やうぶ毛のような細く短い弾力のない毛髪しか作れなくなってしまうのです。

 

スヴェンソンのサポート

 

この様な症状が現れてきた時は、慌てて自己流の手当てで対処するのではなく、現在の髪の状態とそこに至るまでのプロセスを、増毛のプロであるスベンソンできちんと診断してみることが大切です。
髪は毎日抜け、毎日生えています。一日でも早くあなたの症状や体質に合った正しいお手入れを実践してください。 あなたは間違った自己流の手当てで老化を進行させていませんか?

 

「ヘアスプレー等の整髪料で髪型キープ」「風になびくナチュラルスタイル」、あなたはどちら派?

会社に出勤する時やプライベートでお出掛けする時、気に入った髪型を少しでも長い時間キープしたいからと、ヘアスプレー等の固めるタイプの整髪料を付けて固定している「Aタイプ」。
それとは対照的に、手や毛がべ夕べ夕するのが嫌だから余分なものは付けない、お肌に触れるとブツブツ湿疹ができてしまうから髪には何も付けず、風になびくナチュラルなスタイルを楽しんでいる「Bタイプ」
美容院やご家庭でのお手入れでヘアスタイルを仕上げる時、大きく分けると冒頭で示した通りAとBの二つのタイプに分かれますが、あなたはどちら派でしょうか?

 

どんな強力なシャンプーでも完璧には落とせません。ヘアスプレーの毒性?と言ってもピンと来ないかと思いまして、スヴェンソンではどんなものなのか調べてみました。
液状樹脂をガスの力で頭部全体に噴射し、髪の乱れを防ぐ。主に仕上げ用。ヘアスプレーは、整髪成分やオイル成分をアルコールに溶解した原液を噴射剤と一緒にエアゾール容器に充填したエアゾール製品であり、細かい霧状に噴射させる機構をもつ整髪剤である。髪の表面に噴霧して髪型をしつかりと保持する機能のみならず、現在では手ぐしでヘアスタイルを形成する目的や光沢や手触りを改善する目的で使用されるものも散見され、「アレンジタイプ」、「グロスタイプ」に分類される。(Wikiペディアより抜粋)と記述されています。

 

スヴェンソンのビフォーアフター

 

スベンソン研究によると「使用後にブラシでとかすとポロポロと浮き出てくる」原料として配合されている液状樹脂・整髪成分・オイル成分は、一口毛髪に付右してしまうと、どんな強力な洗浄成分を備えているシャンプー剤を使っても完璧には落とすことが出来ない程、その接力は強力です。繰り返すごとに付右する接右剤が厚みを増して髪の呼吸が遮られて窒息状態となり、やがて毛は痩せ衰えて、生えてくる毛までもが細毛へと変化してしまいます。

 

スベンソンで額の生え際の毛が目立たなくなった

もしあなたが、ミストーワックスージェルームース・洗い流さないトリートメント等の整髪料をお使いならば、スベンソンでは今すぐ使用をお止めになる事をお勧め致します。なぜなら、毛髪を加工してしまう整髪料は、細毛や切れ毛を引き起こす原因となるなど「百害あって一利ナシ」だからです。

 

髪に良かれと思っていたもの

髪に良かれと思って繰り返していたヘアケアが、まさか髪の傷みを悪化させていたなんて。「手触りが良いから」「癒される香りだから」みたいな安易な理由でヘアケアの良し悪しを判断してしまうと、髪が髪で無くなっていくばかりではなく、髪の健康がどんどん侵されていき、切れ毛や抜け毛などの最悪な事態が起こって初めて「自らの過ちに気づかされる」のです。

 

髪の健康は「何を足す」ではなく「何を止める(出す)」??

スベンソンでは次のように考えます。近年の美容界に於けるヘアケアの常識は、毛穴から伸びている髪のダメージに対して、いかに傷口を目立だなくして見た目を良くするという手当て、いわゆる起こった症状に対して外側から足して補い改善を施す「対症療法と呼ばれるタイプ」のスヴェンソンによるヘアケアが9割以上を占めています(シャンプーにリンスーコンデイショナー・トリートメント等のどれかがセットになって販売されているものは、全て対症療法タイプに入ります)。

 

それに対して、本来のヘアサイクルを大切にし髪が元々持っている力を引き出す手当て、いわゆる病気にならないために不要なものを捨てて薬等に頼らずに本来の力を最大限に高める「予防医学タイプ」のスベンソンによるヘアケアが、残りI割の美容界の非常識と呼ばれる分野に該当します。
最近「髪本来の美しさを再生する」言葉を耳にする機会が増えていますが、毛髪内に存在しない成分を補給する事で甦った一時的な美しさが、果たして本物と言えるでしょうか。

 

毛髪や身体は絶えず汚染物質に哂されている 私たちの髪や身体は日常の生活を通して、水銀、カドミウム、ヒ素、鉛、銅といった有害な重金属類が食事などから毎日体内に吸収されています。 その他にも、窒素、イオウ酸化物やPM2・5等の空気の汚染物質をはじめ、シリコン、植物油、バター脂などの配合成分が、呼吸やヘアケアを通して毛髪やお肌に入り込んでいるのです。

 

スベンソンは髪の成分を大切に考えます

スベンソンでは毛髪や身体にとって必要な金属と有害な金属、身体の健康に大切な必須元素には、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄、塩素、亜鉛、ケイ素、銅、マンガン、バナジウム、モリブデン、セレン(セレニウム)、ヨウ素、スズ、クロム、コバルトなどがあげられます。これらのうち、塩素、セレン(セレニウム)、ヨウ素、ケイ素以外はすべて金属元素で、これらは私たちの身体にとって欠乏してはならない重金属でもあります。スヴェンソン調べによると毒性のある重金属には、水銀、カドミウム、砒素、鉛、銅などがあり、金、銀、白金などは重金属ですが希少なのであまり問題にはされていませんが、環境問題を考えた時には砒素やセレンなども問題ですが、科学的には金属に含まれません。水銀は人体にとって有毒作用しか持ちませんが、必要な金属元素であっても健康維持のためにはその量が多すぎてもいけないのです。つまり、セレンや銅など必要量が微量であっても摂り過ぎると人体にとって猛毒となり有害物質となってしまうなど、過剰な摂取は身体にとって毒になりますが、最低限必要な量が欠乏すると人体に悪影響を及ぼしてしまう重金属もあるのです。

 

スヴェンソンでは、毛髪の本当の役割は有害物質を排泄する器官、呼吸や食事を通して体内に入り込んだ「空気の汚染物質や重金属類」は内蔵から血液の中に排出され、その後体毛や汗を通して体の外へ排出されたり、血管を通って毛髪の製造丁場(毛母細胞)へと集められ、毛髪を通して体外へと排泄されています。人間の毛髪には本来、有害物質を体外へと排泄する器官としての役割か備わっていますか、一度でも髪内部へと入ってしまった有害物質を毛髪の外へ排出する力は、毛髪自身には残念なからありません。

 

スヴェンソンに通うことで、毛髪が毛髪であるために出来ること、大自然か至る所に広かり綺麗な空気や水によって有害物質か自然に浄化されていた昭和初期に比べ、環境破壊か進んで空気や水の汚染か深刻な現在では自然の浄化作用は皆無に等しく、整髪料類に配合されている美容成分との相互作用により近い将来、毛髪か毛髪ではなくなり樹脂になってしまう危険性もはらんでいます。 これからのヘアケアは、「どんな栄養分や美容成分を補給するかりI」ではなく「髪と身体の健康維持のために不必要なものは止める!」ことか大切で、「有害物質や老廃物をどのように毛髪の外へ出すかりI」かという手当てこそが、毛髪か毛髪であるために重要な役割を持つとスベンソンは考えています。

スヴェンソン増毛法と髪の性質について

スヴェンソンの見解

髪の材料は根元で作られる

髪は、頭皮の下にある「毛根」で作られます。毛根の最も深いところにある毛毋細胞が増殖し、上へと押し上げられることで髪が伸びるのです。

 

毛母細胞は毛細血管を流れる血液から酸素や栄養を得て増殖します。
増殖した細胞は、頭皮の中にあるときは柔らかいのですが、押し上げられる過程で角化して水分が少なくなり硬くなるのです。
髪の状態をよくするためには、新たな髪を作り出す場所である毛根に栄養を与え、毛母細胞の活動を活発化させることがスヴェンソンでは大切だと考えています。

 

表皮はどんどん新しくなる

頭皮は表皮、真皮、皮下組織の3層でできています。表皮はさらに角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4層に分かれており、下の基底層から細胞がどんどん押し出されて、最後には角質層となって剥がれ落ちます。
通常、この新陳代謝の周期は約6週間です。 パーマやカラーで頭皮を傷めたとしても、影響があるのは表皮部分のみ。表皮は常に新しく生まれ変わっているため、頭皮全体には影響しないとスヴェンソンでは考えています。

 

増毛に必要なバランスの取れた食事とアミノ酸

髪は皮膚の角質層と同じケラチンというたんぱく質でできています。髪とは、頭皮の細胞の一部が変化して生まれたものなのです。
たんぱく質の構成に欠かせない必須アミノ酸やビタミン、ミネラルの多い食材を中心に、バランスのよい食事を心がけることが美髪につながるとスヴェンソンは考えます。

 

髪の寿命

髪にはヘアサイクルと呼ばれる周期があり、成長期→退行期→休止期→前期成長期を繰り返して抜け落ち、新しい髪に生え替わります。
サイクルのうち最も長いのが成長期。2〜7年かけて毛母細胞が増殖を繰り返し、毛が伸びます。
この後、増殖が徐々に止まってから抜け落ちるまでが数力月あります。正常な状態であれば、古い毛が抜け落ちた毛穴からは新しい毛が出てきますが、何らかのトラブルが起こるとなかなか生えてこなくなります。
また、生えてもサイクルが短くなりすぐ抜け落ちるのです。

 

都市伝説「伸びるのが速い」は間違い

髪は最長でも7年程度で抜けるため、永遠に伸ばすというのは不可能です。日本人の場合、伸びは平均して1ヵ月あたり1p程度なので、年間で約12p。
したがって、毛の長さは最長でも90pに届きません。髪が身長を超えて長くなることがないのはこのためです。
また、伸び率には個人差があり、新陳代謝がよいほどスピードも速くなりますが、年間数pの差しかありません。
したがって、「伸びるのが速い」と言えるほどの違いが出ることはほぼないでしょう。

 

公式サイトで利用者の生の声を読んでみて下さい


スベンソン
>>本音の口コミや評判が載ってる資料<<